(漫画のタイトルが決まったので、ブログ『超廃人ウォタのらくがきちょう』から変更)

image0000

image0000

2015年8月28日金曜日

0862~ webマンガ  blender使っても絵を描くのはなかなか楽にならず

↓画像をクリック(click)で大きくなります






この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Whota All Rights Reserved.≫



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。


*********************


4ページ分の更新です。



またまた更新が遅れてしまいました。




私はこのページの
絵を楽に描くため、
背景に3DCGを使おうとしまして、
まあ実際使ってますが、


それがですね、

逆に、
時間がかかる原因になってしまいまして、
いろいろ作るのに、
試行錯誤とか、
ソフトの使い方の勉強とか、
なんだかんだ、
かなり時間がかかってしまいました。


私は3DCGを作るのに、
blenderというソフトを使って、
色々やっているんですが、
これをいじっていると、
時間を忘れてしまいます。


先日も、
ベンチを一つ作ってたら、
数時間経過していました。


ちなみに、
作ったのはこれです。


我ながら、
なかなか良い感じで作れたかな、
と勝手に思っていますが、
特にマンガで使う予定のないものを、
なぜ時間をかけて作ってしまったのか、
自分でもよく分かりません。



なんか楽しかったんでしょうね。




ちなみに
マンガに出てくる椅子とか家も
作っていて、
それで数日経ちました。


これは椅子です。



家も作ってるんですが、
そっちは、
全くリアルに見えないので、
画像貼り付けることは
恥ずかしくてできません。



家のように複雑で大きくて、
しかも有機的な素材で組み合わされた物は、
私の能力では、
まだちょっと、
上手く作れないんですよね。



まあでも、
blenderの使い方を、
大体覚えてきて、
色んな形状を作れるようになったので、
作る時間は以前より、
かなり短縮出来るようになってます。


ただ、
ある程度自由に作れるようになると、
今度は、
色々出来る分、
形をどうしようか、
とか、
どこまで作りこむか、
悩むようになりましたけどね。



描くのを楽にしようと思って、
3DCGソフトとか、
使ってみてるのに、
逆に、
時間がかかってしまうとか、

困ったもんです。





2015年8月23日日曜日

0858~ webmanga 『伝説のマハド 栄光のクインディア』  復活の理由

↓画像をクリック(click)で大きくなります







この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Whota All Rights Reserved.≫



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。


*********************

今日は3ページ分の更新です。

1ページ分はマンガ雑誌でいうところの、
見開きをイメージしてまして、
まあ、
一応、
4ページ描いたつもりではあります。


さて、
いよいよ、
このマンガ、
長いシーンが、
大体終りを迎えました。

実は私、
3年前の時点で、
今日のこのページまで、
絵コンテ的なものは、
軽く描いていました。
当時、
絵コンテ的なものは描かず、
毎日、
一枚一枚、
次のページのことなど全く考えず
描いていたのに、
ここだけは、
長めに、
下書きの下書きを描いていたんです。


じゃあなぜ、
3年前に
ここまで描かなかったのか、
というと、
フィス・ハマンというキャラクターを、
死んだままにしたほうが
良いのでは、
と迷ったからです。

戦いのお話ですし、
戦争が舞台なので、
誰が死んでも別におかしくはない、

このまま彼には、
死んでもらったほうが、
良いのかも、

それが自然かも、

という考えが出てきて、
凄く迷ってしまいました。


そして筆が止まってしまいまして、
結局、
ずっと続きを書かないまま、
になっていたのです。



でも、
私はこのマンガを再び、
描き始めています。

覚悟を決めて、
またお話を描こう、
と思っています。


3年前と違い、
今は読者もほとんどいませんが、
続きを描き続けます。

このお話を描き終えるために、
私は復活したのですから。






ではまた。