(漫画のタイトルが決まったので、ブログ『超廃人ウォタのらくがきちょう』から変更)

image0000

image0000

2015年5月9日土曜日

0414~ テレビはあんま見なくなったけどネット動画は見てるというね

↓画像をクリック(click)で大きくなります











この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Hiro.S All Rights Reserved.≫
(Hiro.S=Whota)



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。




************************

え~と、
このブログは漫画ブログですが、
マンガとは別に、
ここに、
何か日記的なことを書いてるんですけども、
正直、
そんなに毎日、
特に書くこともないわけでして、
さて、
どうしようかな、と。


最近テレビもあんまり、
見てないんですよね。

テレビ見るのも、
けっこうエネルギーいります。

でも、
ネットとかは見てるんですけどね。

ネットで動画見ちゃったり。

だったらかわらないじゃん、
みたいな。


ちなみに、
最近見た動画は、
ハロステです。

これ、
知ってる人、
どのぐらいいるのかなあ。

ふふ。

2015年5月8日金曜日

0406~ オリジナルのファンタジー・アクション・バトルなマンガです 良かったら読んでね

↓画像をクリック(click)で大きくなります








次ページ〈NEXT〉←  →〈BACK〉前ページ



この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Hiro.S All Rights Reserved.≫
(Hiro.S=Whota)



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。




************************

さて、
今日も一応、
8ページほど上げました。

このブログのマンガは
以前書いたものなので、
本当はもっと一気に
あげられるんですけどね。

でもブログって、
毎日少しずつ更新しないと、
なんか色々良くないみたいで、
なので、
毎日少しずつ更新です。

そのうち、
新しく描く場面に入ったら、
もっと更新頻度が落ちると思います。

マンガってのはとにかく描くのに
時間がかかりますね。

それなりの形をした漫画を書くなんてことは、
人生を棒に振る覚悟がある人、
もしくはすでに廃人になった人だけがやることですよ、
ええ。

私は全くおすすめしませんね。

マンガとか、
ホント、
危険です。


私には姪っ子がいるんですが、
その姪っ子が絵を描いたのを見た時、
私は全く褒めませんでした。

姪っ子はかなり頭がよくて、
絵もうまく描ける子です。

姪っ子の絵を見た時、
内心では、
なかなか上手いなと思いました。

でも
褒めてません。

だって、
もしも、変に勘違いさせて
そっちの道を目指しでもしたら、
大変じゃないですか。

姪っ子は、
私に褒めて欲しかったと思うんですけど、
褒めてあげることは出来なかった。

姪っ子には、
頭がいい子は
勉強を頑張らないと、
せっかくの才能を無駄にしてしまうよ、
とだけ言って
いつも勉強を教えていました。


その姪っ子はもう大きくなって、
来年は大学受験です。

さすがに私のところには来なくなりましたが、
学校の成績はいいようなので、
良かったです。

頑張って欲しい。
本当に。


2015年5月7日木曜日

0398~ これは変な漫画じゃありません たぶん

↓画像をクリック(click)で大きくなります








次ページ〈NEXT〉←  →〈BACK〉前ページ



この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Hiro.S All Rights Reserved.≫
(Hiro.S=Whota)



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。




************************

え~、
実は今、
この漫画のタイトル、
変えようかな、
と思っています。

もう一度マンガブログをはじめるにあたって、
とりあえず今度は漫画のタイトルはつけとこう、
と思って実際つけたんですが、
ちょっとタイトルが長いので、
カッコつけて
略して見ちゃおうかな、
なんて思ったら、
凄く変なものを指すことに
なってしまうことに今頃気づきまして、

それが何かは、
ここではちょっと言えないんですが、

これはまずかったな、
と今頃になって、
思っちゃってる次第であります。


さて、
どうしよう。


もう一つ、
候補があったんで、
そっちにしちゃおうかな。

もう一つの候補は、
主人公の名前をそのまま使ってしまうことで、
主人公の名前の、
その姓の部分を、
タイトルにしてしまおうか、
とも思っていたわけです。


でもそれにすると、
漫画の内容をもっと彼中心に変えないと、
おかしいのかなあ、
なんてことを思ったりもしまして、

ふ~む、
こまったなあ。


まあ、
気にしなければこのままでも、
特に問題無いレベル、
かとは思います。
が、
もしかしたら、
いつの間にか、
マンガとブログのタイトルが
変わっているかもしれないということは、
ここにお知らせしておきます。



2015年5月6日水曜日

0390~ 英語は難しいなと

↓画像をクリック(click)で大きくなります











この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Hiro.S All Rights Reserved.≫
(Hiro.S=Whota)



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。


************************


今、私は
英語を覚えようとちょこちょこ勉強しています。


今というか、結構前から、
英語の勉強はちらほらやってたんですが、
一向に聞けるようにならないし、
読めるようにもなりません。

話すとか書くとかは、
夢のまた夢です。


と言っても、
最近、英単語の勉強をやってるうちに、
weblio辞書の英語診断の所では、
結構良い点が出るようになって来てたんです。

私は自信を持ち始めていました。

この調子なら、
英語を理解できる日も、
そう遠くないな、
と。

そんな中、
先日、たまたま、
どっかのテレビ局でやってるドラマのタイトルを見て、
私は、
英語の難しさを思い知ります。

そのドラマのタイトルは、
アイムホーム。
木村拓哉が出てるやつですね。


私、そのタイトルを見て、
一瞬、
首をひねりました。

アイムホームってなんだ、と。

私は家です。

ん?

んん?


知ってる人からすると、
実に、実に、
馬鹿っぽい疑問でしょうが、
私にはその時、
すごく不思議に聞こえたわけです。

私は家ってなんだよ。
と。

恥ずかしながら無知な私は、
思わず、
ネットで検索してしまいました。

I'm home.

ただいま、
とか、
かえってきたよ、


そんな訳が書いてました。

うわっ、
だれでも知ってるような挨拶じゃん。
超恥ずかしい。

なんで知らなかったんだろ。


顔を真赤にしながら、
なんとか気分を落ち着けて、
文法的な説明を考えます。

なるほど、
これは第二文型ではなく第一文型で、
homeは副詞、なのか。

つまり直訳すれば、

私はいる、家に。

こんな感じになるんだな。

ふむふむ。

そもそもhomeに冠詞がない時点で、
これは名刺じゃないな、
とピンとくるべきだった。
くそっ。

いや、
その前に、
もっと頭を柔らかくしていたら、
私は家、
という訳語でも十分、意味が通じるじゃないか。
まったく。



結局、
英語をなかなか理解できないのは、
頭が固いからなのかもしれないな、

なんてことを思った次第でありました。


2015年5月4日月曜日

0382~ 不具合?何故か画像が上げられす manga

↓画像をクリック(click)で大きくなります












この漫画を最初から読むには





≪Copyright (C) Hiro.S All Rights Reserved.≫
(Hiro.S=Whota)



*これはオリジナルのファンタジー・アクション・WEB漫画です。
このブログはリンクフリーです。勝手にリンクしてもらって構いません。
ひとこといってもらえれば、
相互リンクが可能になるので、
よろしくお願いします。


************************

なぜか、
ブログに画像が上げられず、
ちょっと更新が遅れてしまいました。

何かの不具合だったんですかね。

まあ、
いつもどおりになったのでよかったです。


目次ページには、
また一枚、
絵を追加して置きました。

なかなかうまく書けなかったので、
CGを使って見たら、
結構リアルな感じになったんですが、
リアルすぎるので逆に、
リアルじゃないようにする修正を加えて、
なんとか、
絵っぽくなったと思います。


マンガの絵でも、
いろいろありますが、
私は、
そこそこリアルに描きたいと思うタイプです。
ただ、
あまりにもリアルすぎる絵は、
技術的にも、労力的にも、
少し無理があるので、
そこそこな感じ、
を目指しています。


美形キャラの場合、
頭身は9頭身かそれ以上の、
ちょっとだけデフォルメした感じにすることが
多いですかね。

ただ、
デフォルメするつもりがなくても、
スタイルを良くしようとするあまり、
やりすぎて、
変になることはよくあります。

顔を小さくしすぎたり、
首を長くしすぎたり、
手足が長すぎたり、
女性の体なんかだと、
オッパイの形や位置がちょっとずれてたりします。


自分の悪い癖っていうのは、
自分ではなかなかわからないんですよね。

大分経ってから、
あ、
この人、腕長すぎた、
みたいに気づくことがほとんどです。

いや、
気づけばまだいいんですが、
気づかない時もあって、
それが非常に恐ろしい。


左右反転すると、
顔の歪みなんかはすぐ気づきますが、
反転しないと、
まあ気づきませんね。


何とか直したいんだけど、
ホント、
難しい。